FXの仕組み

FXという言葉を聴いたことがあっても、どういうものなのか、どういう仕組みなのかは分からない人が多いと思います。
そんなFXの仕組みを簡単に説明します。

 

FXというのは、海外のお金を購入し、時機を見て売り、利益を出す取引方法のことを指します。
正式には、「margin Foreign eXchange trading」という言葉の略になっていて、日本語で言うところの外国為替証拠金取引を言います。

 

この方法を利用したら、どのように利益が出るのかというと、1ドル=100円のときに10万円分購入するとします。
つまり、1000ドル購入したという事になります。

 

では、1ドルが90円になってしまったら、どうなるんでしょうか?
答えは簡単です。
1ドルが90円になるという事は、購入した金額も減ってしまい、結果的に損をしてしまう事になります。

 

逆に、1ドルが110円になった場合は、どうなるのかというと、これも簡単です。
1ドルが90円になったら、損をしてしまうという事なので、1ドル110円になったら得をするんです。

 

つまり、1ドルを日本円に換算したとき、安い時期に購入をします。
そして、1ドルが100円以上になったなど、購入時の価格よりも高くなっていた場合に、売ると利益を出す事ができます。

 

ただし、このFXという方法で、お金を稼ぐためには、それなりに海外の相場について詳しくなる必要があります。
詳しくなったら、FXに挑戦してみるのもありだと思いますね。

更新履歴